日雇い派遣と単発バイトの条件の良い仕事の求人はこう探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

日雇い派遣で働ける条件を知ろう

2012年に派遣法が改正されて改正労働者派遣法になってから、日雇い派遣と呼ばれる雇用期間が30日以内の短期雇用契約を締結することは、原則禁止となっています。改正派遣法で日雇い派遣が禁止になったのは、専門性や経験を問わない職種ですが、逆の見方をすれば、専門性や経験をいかして業務をするものについては限定的に日雇い派遣で働くことが認められているということになります。例えば、例外要件としては工場での軽作業・書類整理・販売などの仕事は日雇い派遣が認められています

派遣法を改正した、当時の与党であった民主党が、業務をするには専門性や経験が必要であると判断し、30日未満の雇用契約であったとしても、それを許可したものには以下のような業務があります。OAインストラクションや事業の実施体制の企画・立案、そして研究開発、取引文書作成、財務処理、速記・翻訳・通訳、ソフトウェア開発などといった、全部で18種類の業務が該当します。

日雇い派遣が認められる労働者の条件は、 世帯年収500万円以上あり主に生計を立てていない人、既に本業で得ている収入が500万円以上あり、あくまで副業として日雇い派遣を選ぶ人、定時制・通信制以外の学校の生徒、年齢が60歳以上の人、以上の条件に該当する人が定められています。

日雇い派遣の雇用形態とは

日雇い派遣とは、1日単位の雇用契約で働く働き方のことを指します。派遣労働者には、派遣元事業主や派遣会社に常に雇用されている常用型と、派遣会社に事前に登録しておいて、派遣先が決まった時だけ雇われる登録型があります。登録は有料ではなく無料の場合がほとんどです。

登録型は、派遣労働者全体の約4分の3を占めており、そのうち約8割が1日単位の労働契約である日雇い派遣で働いています。この雇用形態は、労働者の働き方の多様化や、企業の繁忙期における人員確保の為の非正規雇用へのニーズの高まり、並びに1999年の労働者派遣法の規制緩和(派遣先業種の原則自由化)によって、急速に広まりました。

2012年の法改正により、日雇派遣として仕事をすることができる人は、次にあげる条件に該当することと限られるようになりました世帯収入が500万円以上で主として生計を立てていない人、本業の年収が500万以上で副業として日雇い派遣として働く人、雇用保険の適用を受けない学生、60歳以上の人です。

面接の際、世帯収入が500万円以上で主として生計を立てていない人と本業の年収が500万以上で副業として日雇い派遣として働く人は、自身と両親(または配偶者)の源泉徴収票、雇用保険の適用を受けていない学生は学生証、60歳以上の人は身分証明書などを提示することを求められる場合があるので、事前に準備しておく必要があります。

短期アルバイトとして働く

アルバイトとして短期間だけ働きたいという場合も多くの職種が求人を行っています。 雇い主も株式会社から小規模店舗まで様々です。 具体的にはコンサートなどのイベントやレジャー施設やアミューズメント施設、引越しの配送・ドライバーやビルの清掃、土木建築から倉庫の警備、データ入力や調査、試験監督などからエンジニアなどの保守やオフィスワーク、保育園や介護サービスの会員サポート、ファッションやアパレル、エステや理美容室、フード関連の営業や接客、雑誌やデザイン会社の制作クリエイティブ系などまで多彩です。経験を積むことでマネージャーや店長候補といった管理職になれるケースも少なくありません。求人募集に応募する際には時給だけでなく何日以上働ける方という点もチェックして理解しておきましょう。

シングルファザー
男で一つで子育てをしているシングルファザーの父子家庭では、学校の行事や子供の病気によって父親の仕事にも影響が出てきます。そうしたひとり親家庭を支援するために国から支給されるのが児童扶養手当になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加